みなし残業について

みなし残業の残業代請求

みなし残業とは、賃金や手当の中に既に残業分が含まれていることを言います。

みなし残業が採用されている会社の場合、あらかじめ決められた時間分以上の残業をしなければ、賃金と別に残業代を支払ってもらうことができません。

労働基準法において就業規則はそれぞれの会社で定めて良いということになっているため、違法性はないことになっています。

残業時間が少ない月には労働者にとってプラスとなりますが、その逆の場合には様々な問題が生じることになるのです。

みなし残業制の会社でも超過分の残業代は請求を

みなし残業制を採用している会社の中には、超過分の残業代の支払いに応じない所も存在しています。残業代の未払い問題として近年注目を集めるようになりました。

超過分の残業がサービス残業となってしまうため、報酬よりも余計に働いてしまうことになります。

労働者の権利として未払い分の賃金を請求することが認められているめ、証明する書類を作成することで会社側に支払い請求を行うことができます。

弁護士などに依頼して回収してもらうことも可能です。

未払い分の請求方法

未払い分の請求を行うためには、内容証明書を作成して会社に送る必要があります。

そのためにも、みなし残業を証明する証拠を収集しなければなりません。

勤務時間を示すシフト表やタイムカードのコピーを取ったり、勤務外の取引先とのメール履歴を印刷することで証拠とすることができます。

未払い請求には期限が設けられているため、できるだけ早い段階で手続きを行うことが必要です。

弁護士事務所などには、随時相談窓口が設けられています。